ケンウッドとは

電機メーカーNAVI

電機メーカーNAVI トップ > ケンウッドとは

ケンウッド | KENWOOD

株式会社ケンウッド (KENWOOD) は、家庭用オーディオ機器、カーマルチメディア機器(カーオーディオ・カーナビゲーションなど)、無線通信機器(アマチュア無線、業務無線など)のメーカーである。JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社の子会社。

長野県駒ヶ根市に有限会社春日無線電機商会として1946年に設立。当初は高周波コイル(ラジオ受信機の部品)製造からスタートした。山に囲まれ放送波などの微弱な電波環境である伊那谷で培った高周波技術がFMチューナー、無線機器の礎となっている。
オーディオブーム全盛の頃には山水電気、パイオニアと並びオーディオ御三家とされ当時の社名(トリオ)から俗に「サン・トリ・パイ」と呼ばれた。 また、チューナーのトリオとも呼ばれていた。アマチュア無線機器ではアイコム、八重洲無線(現バーテックススタンダードの前身のひとつ)と共に、三巨頭を形成していた。

かつては単体のラジオ受信機、携帯電話、PHS、コードレス電話、ファクシミリ、磁気テープなどの製造、音楽レコードの制作(トリオレコード)を行っていたが、業績の不振で撤退している。
デジタルオーディオプレーヤー市場には、2001年初頭にWMAフォーマット対応のCDプレーヤータイプで参入するも事実上失敗に終わる。2005年にフラッシュメモリタイプで再参入。当初はクリエイティブ社のOEM供給を受けていたが、現在はMEDIA KegシリーズでPCM録音機を発売している。

2006年12月、松下電器産業(現 パナソニック)から日本ビクターを買収する交渉に入ったという報道がなされたが、最終的には条件が折り合わず見送った。その後、2007年7月24日、日本ビクターが8月10日に総額350億円の第三者割当増資を行い、2008年に持ち株会社による経営統合することを前提にケンウッドが200億円、スパークス・グループが150億円を引き受け、業務・資本提携で合意。10月1日、折半出資で技術開発合弁会社、J&K テクノロジーズ株式会社を新設。カー及びホームエレクトロニクス技術開発のコラボレーションがスタートした。
2008年6月27日、10月1日に共同持株会社・JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社(本店は横浜市のJVC本店内)を設立し、経営統合することが株主総会で承認された。ケンウッド及びJVCは9月25日に上場廃止。共同持株会社・JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社が10月1日に設立・上場され、ケンウッドは同社傘下の事業会社となった。