三洋電機とは

電機メーカーNAVI

電機メーカーNAVI トップ > 三洋電機とは

三洋電機 | SANYO

三洋電機株式会社は、パナソニックグループの日本の電機メーカー。本社は大阪府守口市に所在。社名は、太平洋・大西洋・インド洋を意味し、世界で活躍できる企業になるという意志が込められている。

松下幸之助の義弟で松下電器産業(現・パナソニック)の創業にも関わり、同社の専務取締役であった井植歳男が、GHQによる公職追放指定に伴い、1946年に松下電器を退社。翌年2月1日、松下幸之助より、自転車用発電ランプの製造権と加西市にある松下電工北条工場を譲り受けて三洋電機製作所を創業し、自転車用ランプの製造を開始した。
1950年、三洋電機株式会社設立。1953 年に開発した噴流式洗濯機が大ヒットし、一躍有名になった。

自社ブランドの家電製品自体のシェアは小さいものの、洗剤の不要な洗濯機や、ニッケル・カドミウム蓄電池、リチウム電池の商品化など、一部の技術力は高いものを持っており、自社ブランドが表に出ない光デバイスや二次電池、パソコン等電子機器用コンデンサなど一部の電子デバイスや、デジタルカメラなどの完成品のOEM供給ではトップシェアを持つ製品が数多く存在し、「縁の下の三洋(電機)」と言われることもある。特にデジタルカメラのOEM供給元としては世界トップシェアを誇っている。また、「デジカメ」・「ムービーデジカメ」の商標を保有している。CD-Rドライブの書き込みエラー防止機能「BURN-Proof」を世界で初めて開発した。コインランドリーの機器では国内市場をほぼ独占していたが、近年は日本国外メーカーの進出で独占状態は崩れている。ナビゲーションシステムのPND分野では、2006年末に発売した「ミニゴリラ」が人気を得て、国内PND市場70%のトップシェアを誇る。
低価格競争の激しい家電量販店よりも、地元密着型でアフターサービス重視の街の電器店を優遇する傾向があり、ハイビジョンレコーダ等は通常OEM供給のみだが、街の電器店において専売モデルとして販売したり、街の電器店で購入した場合のみに適応する長期延長動作保証などの特典がある。
太陽光発電の事業でも有力な生産者であり、独自技術のHIT太陽電池で高いシェアを持つ。プラズマテレビ、液晶テレビではシェアは低いが、セイコーエプソンの技術協力を得てホームシアター用プロジェクターであるZシリーズは国内で一番の売上を誇っている。プラズマ、液晶においてもデザイナーのグエナエル・ニコラを起用し、革新的なデザインのテレビでシェア向上を狙っている。

2004 年の新潟県中越地震により子会社の半導体製造工場が被災、500億円を超える損害を出したほか、デジタルカメラの単価下落などの煽りを受け、同年度は大幅な減収減益となった。このため、同族経営の殻を破り、外部から社外取締役を招聘し経営再建に当たったが、携帯電話機向けの充電式電池の不具合や、洗濯乾燥機の16万台のリコール、不適切な会計処理が問題化した。3期連続の赤字決算と会計問題を処理する過程で、大株主である金融機関によって、事業部門の売却、再建が行われる運びとなり、源流企業のパナソニックが2009年内に子会社化し、次年度に再編を開始する形で完了することとなった。